EPISODE 05 マスターブランド「BAUS(バウス)」

住む人の人生に寄り添いつづける
「感動が育つ住まい」を

マスターブランド「BAUS(バウス)」

住宅事業のマスターブランド「BAUS」は、「住む人にとって一番大切にしたい暮らしの基盤となる場(Basis for us)」に由来し、中央日本土地建物グループが積み重ねてきた住まいづくりへの想いを象徴。住む人の人生に寄り添いつづける「感動が育つ住まい」をスローガンとし、ともに歩みつづけることを目指す。

住む人の人生に寄り添いながら
理想の住まいを追求しつづける住まいづくり

60年超にわたり住宅事業を手掛けてきた総合不動産会社として、住む人の人生に寄り添いながら理想の住まいを追求しつづけることを目指し、2016年に立ち上げたブランドが「BAUS」です。“お客様が「BAUS」に住み続けることでより幸せが増していくような、安心と感動が育つ住まいを創りたい”という想いが込められています。お客様の声に耳を傾けながら、住む人に思いを馳せ、ともに歩み続ける住まいを提案します。社員一人ひとりが「BAUS」に込められた想いとこだわりを共有し、より良い住まいづくりに取り組んでいます。

「感動が育つ住まい」への責任
安心と、理想の住まいの提供により
BAUSブランドをさらなる高みへ

当社グループは、用地取得からアフターサービスまでを担う住宅事業セクション、建物の品質を厳格に管理する高度な専門知識と実務能力を備えた設計・技術セクション、それぞれのスペシャリストが連携して、高品質な建物をご提供しています。またご入居後も、アフターサービスの定期点検や設備機器の延長保証サービスなどを通じて、安心・安全な暮らしをサポートしています。
さらに、社内の横断的な人員で組織した「理想の住まい研究所」が、社会構造・ライフスタイルの変化や、お客様アンケートなどから潜在ニーズを分析し、「BAUS」が理想とする住まいを提案します。

中央日本土地建物
住宅業務部
渡邊 健

Copyright Chuo-Nittochi Co.,Ltd. All Rights Reserved.