コーポレート
ガバナンス
 CORPORATE GAVERNANCE 

ホーム企業情報コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに
関する基本的な考え方

当社では、迅速な意思決定と業務執行体制の確立を通じて、株主の信頼と期待に応え、企業価値を継続的に高めていく考えのもと、
コーポレートガバナンス体制を構築し、その適正な運営に取り組んでいます。

企業統治体制の概要

取締役会

取締役会は、取締役9名(うち社外取締役5名)で構成され、当社の重要事項を決定しています。


監査役会

監査役会は監査役4名(うち社外監査役2名)で構成しております。監査役は取締役会に出席するなど、取締役の職務執行を監査しています。


執行役員制度

経営意思決定の迅速化を図るとともに、業務執行機能を強化するため、執行役員制度を導入しています。


会計監査人

EY新日本有限責任監査法人に委嘱し、会社法監査および金融商品取引法監査を受けており、正確な経営情報・財務情報の提供に配慮しています。


顧問弁護士

法律上の判断を必要とする場合などに、適宜、助言・指導を受けています。


内部統制システムの
整備の状況

当社グループは、コンプライアンスを経営の基本原則と位置付け、当社グループの役職員が、法令諸規則などを遵守し、高い倫理観を持ち誠実かつ公正な企業活動を遂行できるよう体制を整備しています。具体的には、持株会社形態による事業別組織や執行役員制度を導入、「取締役会規程」「組織規程」などの規程類を整備し、当社グループ経営の意思決定の迅速化や取締役の職務の効率性を確保しています。また、子会社における業務の適正を確保すべく、子会社管理に関する規程類を整備するとともに、当社の取締役会で決定した当社グループの経営計画などに基づき、子会社より取締役などの職務の遂行に関する報告を受ける体制を整備しています。