沿革 CORPORATE HISTORY 

1954
勧友ビルディング(株)[現:中央日本土地建物(株)]設立
宅地建物取引業務、損害保険代理業務を開始
「名古屋勧銀ビル」竣工
1955 不動産鑑定業務を開始
1960 ビル管理・清掃業務を開始
「京ビル」竣工
1961 勧友ビルディング(株)と浪速建物(株)が合併し、勧銀土地建物(株)に社名変更
「淀屋橋勧銀ビル(日土地淀屋橋ビル)」竣工
1962
「横浜市鴨居分譲地」販売開始
1963 澁澤不動産(株)設立
1965 不動産鑑定業者登録
1972 「横浜白山分譲地」「戸塚台分譲地」販売開始
1974
勧銀土地建物(株)が日本土地建物(株)に社名変更
「日土地ビル」竣工
1975 「横浜白山分譲住宅」販売開始、戸建住宅事業を本格化
1978 星新興業(株)設立
1979 「横浜あずま野分譲住宅」販売開始
1980 中央不動産(株)設立
1983 丸の内センタービルディング(株)設立
1984
「丸の内センタービルディング」竣工
1985
「名古屋勧銀ビル(現:日土地名古屋ビル)」竣工
1986 澁澤不動産(株)が澁澤エステートサービス(株)に社名変更
1990 不動産コンサルティング業務を本格化
1992 日土地総合管理(株)[現:中央日土地ビルマネジメント(株)]設立
日本土地建物販売(株)[現:中央日土地ソリューションズ(株)]設立
1996 霞が関ホーム(株)[現:中央日土地ファシリティーズ(株)]設立
1997 ミナトビルディング(株)を子会社化し、横浜・日本土地建物(株)に社名変更
1999 日本土地建物販売(株)と横浜・日本土地建物(株)が合併
法人営業部を新設、不動産ソリューション事業を本格化
2000 日土地綜合設計(株)設立
証券化プロジェクト「ネオパス川崎」組成
2001 勧業不動産グループと事業統合
日本土地建物販売(株)と勧業不動産(株)が合併し、勧業日土地販売(株)に社名変更
2002
「日土地西新宿ビル」(新宿オークシティ内)竣工
開発型証券化プロジェクト「ネオパス・エフ・アイ・エス」組成
2004
第一地所(株)と中央不動産(株)が合併
「新丸の内センタービルディング」竣工
コンバージョンプロジェクト「ラティス青山」竣工
2005
星新興業(株)と丸の内センタービルディング(株)が合併し、中央ビルマネジメント(株)に社名変更
(株)レイクウッドコーポレーションがゴルフ場運営業務を開始
2006 中央不動産(株)と渋澤エステートサービス(株)が合併
2007 「仙台ファーストタワー」竣工
2008 日土地アセットマネジメント(株)[現:中央日土地アセットマネジメント(株)]が金融商品取引業務を開始
CREマネジメントシステム「CREX」開発、販売開始
2011
クラウド型CREマネジメントシステム「CREXα」サービス開始
2013 「グランフロント大阪」竣工
2014 「大崎ウィズシティ」竣工
日本土地建物(株)と日新建物(株)が事業統合
2015 「日本土地建物プライベートリート投資法人」運用開始
2016
住宅マスターブランド「BAUS(バウス)」立ち上げ
オープンイノベーションオフィスブランド「SENQ(センク)」立ち上げ
「京橋エドグラン」竣工
2018 神鋼不動産(株)と資本業務提携
2019 「淀屋橋駅東地区都市再生事業」都市計画決定
2020 日本土地建物(株)と中央不動産(株)が経営統合
中央日本土地建物グループ(株)設立
中規模オフィスビルブランド「REVZO(レブゾ)」立ち上げ
2021 中央日本土地建物グループ 事業別子会社再編