不動産ソリューションサービス
03-3501-6173 受付時間:平日8:50~17:00
 
MENU

ケーススタディ CASE STUDY 

2,000件を超える
不動産情報の一元管理

不動産管理システムを活用した不動産情報の「見える化」と、これに基づく戦略的な意思決定の提案・実行支援により、
お客様の不動産関連業務改善をサポートしました。

石油元売B社様のご相談

  • 不動産情報が社内で散逸、管理体制も属人的となっている。
  • 不動産情報が統一的に管理されていないため、戦略的に活用・売却などの意思決定ができていない。

戦略提案・支援内容

1. 不動産管理システム「CREXα」の導入

中央日本土地建物グループが開発したCRE情報マネジメントシステム「CREXα」の導入を提案しました。各種契約書や図面、修繕履歴など多岐にわたる情報が登録できる機能により、2,000件を超える所有不動産の「台帳」をクラウド上に整備しました。

2. 全不動産の時価査定によるCRE戦略の立案

不動産情報の整備とあわせて、すべての不動産の時価査定を実施、一元化された不動産情報をベースに、経営上の重要性や不動産の流動性など複数の指標により個々の不動産の位置づけを明確化し、戦略的な意思決定のためのポイントを整理。拠点の統廃合や売却手法、その優先順位などの実行プランをB社様にアドバイスしました。

3. 不動産ネットワークを活用した不要資産の売却

2,000件を超える不動産のうち経営戦略上の重要度が低いと判断された物件は、順次売却を実施しました。複数物件をまとめて売却する場合や、地方物件を売却する際は、中央日本土地建物グループの全国240社を超える協力会社ネットワークも活用しながら、迅速に対応、バランスシートのスリム化を通じた財務体質改善を果たしました。


まとめ

不動産情報の一元管理実施したB社様では、不動産管理に関する業務効率が大幅に改善。B社様の課題だった財務体質改善に向けて、所有不動産の売却や拠点の集約が一気に加速しました。

ご提供したソリューション

03-3501-6173

中央日土地ソリューションズ株式会社 営業企画部
(受付:平日8:50~17:00)