不動産ソリューションサービス
03-3501-6173 受付時間:平日8:50~17:00
 
MENU

ケーススタディ CASE STUDY 

木造戸建て賃貸住宅の
提案・建築を通じた
コロナ禍の新生活様式と
SDGsへの対応

遊休化している不動産に対して、木造戸建て賃貸住宅の建築を提案し、
コロナ禍の働き方やSDGsにも対応したプロジェクトとしてお客様の経営課題の解決に貢献しました。

インクメーカーA社様のご相談

  • 長期にわたり遊休化している不動産を有効活用したい。
  • SDGsへの取り組みにもつながるプロジェクトにしたい。

戦略提案・支援内容

1. 木造戸建て住宅14戸への有効活用提案

A社様からのご相談を受け、対象地周辺エリアのマーケット状況を分析。これに加えて、A社様の経営方針や費用面などのご要望を踏まえて、一般的な有効活用手法である集合住宅ではなく、容積率にゆとりを持たせた全14戸の木造戸建て賃貸住宅の建築を提案しました。収益性に加え、周辺地域との調和や環境負荷低減の視点から高いご評価をいただき、A社様に当社グループの提案を採用いただきました。推進体制は、プロジェクトマネジメント業務を中央日土地ソリューションズが、設計監理業務と新築工事の請負業務を中央日土地ファシリティーズがそれぞれ担当し、プロジェクトの企画から設計・建築までワンストップでご提供しました。

2. コロナ禍の「働き方」にも対応した建物計画

集合住宅とは異なる環境を最大限活用し、入居者様が快適な時間が過ごせるよう、庭や駐車スペースを確保するとともに、室内での楽器演奏やペットの飼育も可能な建物計画としました。さらに新型コロナウイルスの影響により改めて「働き方」が見直される中、各住戸にはリモートワーク用の書斎部屋を完備しました。総合不動産会社として戸建て住宅のノウハウも持つ中央日土地ファシリティーズが施工を担当することにより、A社様のご要望や疑問点をスピーティーに実現・解決することが可能となりました。

3. SDGsを見据えた環境負荷の低減や地域に配慮した街づくり

使用素材も含め、環境負荷や地域にも配慮した街づくりによって、A社様のSDGsへの取り組みに貢献しました。住宅性能評価4項目で最高等級の性能(長期優良住宅と同等レベル)を確保し、建物性能面でも高水準の仕様としています。
こうした取り組みや施設計画が、コロナ禍において部屋数・広さを確保できる郊外物件を求めるニーズと合致し、竣工後まもなく満室となりました。


まとめ

総合不動産会社である当社グループの強みを活かし、A社様の課題解決に必要な一連のサービスを、ワンストップでご提供しました。また、A社様の社内でプロジェクト名称の公募を実施いただくなど、お客様にとって大変注目度の高い案件となりました。

ご提供したソリューション

03-3501-6173

中央日土地ソリューションズ株式会社 営業企画部
(受付:平日8:50~17:00)