ニュース NEWS 
ビジネス・オフィスビル

都心最大級延床約 110 万㎡、日比谷公園と一体となった比類なき街づくり 「TOKYO CROSS PARK構想」を発表

「内幸町一丁目街区(東京都千代田区内幸町一丁目、以下「当街区」)」の開発を推進する事業者(関係権利者、親会社を含む)10社は、当街区の事業構想である「TOKYO CROSS PARK構想」と、構想に基づき掲げる5つのテーマを発表しました。当街区は、都心最大級の延床面積約110万㎡の開発プロジェクトであり、約16haの日比谷公園とつながるとともに、北地区・中地区・南地区の3つの地区で構成し、オフィスや商業施設、ホテル、住宅機能等を備える予定です。

詳細はPDFファイルをご覧ください。

PDFファイル 1.6 MB