ニュースNews
HD

中央日本土地建物グループの体制について

本日、中央日本土地建物グループ株式会社(千代田区霞が関一丁目 代表取締役社長 平松哲郎)は、202141日付で予定している事業別子会社の再編について以下の通り決定いたしましたので、その概要をお知らせいたします。

本年41日の持株会社(中央日本土地建物グループ(株))設立による日本土地建物グループと中央不動産グループの経営統合以降、検討を進めてきた子会社再編について、今般決定に至ったものです。具体的には、各事業における顧客基盤やノウハウの一元化等を通じて、お客様に提供するサービスレベルを一層向上させることを展望し、日本土地建物グループと中央不動産グループそれぞれが有する各事業を機能別に集約します。

足もとでは、コロナウイルスの流行に起因して人々の暮らしや社会のありようが大きく変化し、不動産に求められるニーズも変化しております。当社グループは、こうした社会全体の不確実性の高まりの中においても、新体制のもとで未来を見据えた新たな挑戦や成長への投資に積極的に取り組み、ビジネスモデルの進化を図ることで持続的成長を目指します。「未来を共創する。」というコーポレートスローガンのもと、不動産という重要な社会インフラを提供する企業として、新しい社会において期待を超える価値を共創し続ける総合不動産会社を目指して、ステークホルダーの皆様と共に着実に歩みを進めてまいります。



詳細はPDFファイルをご覧ください。

443.5 KB