グリーンボンドについて GREENBOND 

ホームサステナビリティグリーンボンドについて

当社は、「省資源・省エネルギーの推進」や「不動産事業と環境との調和」といったサステナビリティに関する取り組みをさらに進めるため、資金調達基盤を強化することを目的として、グリーンボンドを発行いたしました。
なお当社は、本グリーンボンドの発行を含むグリーンファイナンス実施のために、「グリーンボンド原則(Green Bond Principles)2021 年版」、「グリーンローン原則(Green Loan Principles)2021 年版」、「グリーンボンドガイドライン 2020 年版」及び「グリーンローン及びサステナビリティ・リンク・ローンガイドライン(2020 年版)」に則したグリーンファイナンス・フレームワークを策定しており、本フレームワークに則り資金の調達及び管理を行っています。

概要

名称 中央日本土地建物グループ株式会社第 3 回無担保社債
(社債間限定同順位特約付)(グリーンボンド)
条件決定日 2021年9月15日
発行日 2021年9月22日
償還期限 2026年9月18日
発行総額 50億円
利率 0.290%
資金使途 グリーンビルディング適格資産(京橋エドグラン)の取得資金にかかるリファイナンス資金に充当予定
債券格付 A-(㈱日本格付研究所)

適合性に関する第三者評価等

株式会社日本格付研究所による
グリーンファイナンス・フレームワークの評価結果

レポーティング

資金充当状況レポーティング

2021年10月29日に京橋エドグランの取得資金にかかるリファイナンス資金として、全額充当済。


インパクトレポーティング

京橋エドグランの環境認証 DBJ Green Building認証 5つ星(five stars)
日本政策投資銀行が、環境・社会への配慮が優れた不動産を認証する「DBJ Green Building認証」において、国内トップクラスの卓越した「環境・社会への配慮」がなされたビルとして認証されました。

京橋エドグランのパフォーマンスデータ
年度 2017 2018 2019 2020
エネルギー使用量(GJ) 38,811 47,844 49,425 44,558
CO2排出量(t-CO2 1,898 2,289 2,338 2,066
対前年増減量(t-CO2 - 391 49 ▲272
原単位(t-CO2/㎡) 0.0430 0.0518 0.0529 0.0468
水使用量(㎥) 150.0 171.3 180.0 138.7

※上表数値は当社の延床面積持分比率に応じた量を計上

京橋エドグランについて

「京橋エドグラン」は、京橋エリア最大級・国内最高クラスのスペックを誇る高さ約 170m、1 フロア約 820 坪の超高層オフィスなどから構成される、大規模複合ビルです。

超高層ビルでは希少な中間層免震構造を採用し、震度 6 程度の大地震においても施設の主要機能を確保します。加えて、通常時の風荷重や中規模地震以下に対しては免震層を固定してダンパーによる集中制振とし、大地震時にはロックが外れて免震装置が機能する「弾性ロック機構」を国内で初めて導入しました。他にも 72 時間運転可能な非常用発電設備、建物被災度判定システム等も備え、入居者様に安心・安全の BCP 支援機能を提供しています。

さらに、本施設は「中央区帰宅困難者一時滞在施設」に指定されており、災害時には数千人の帰宅困難者を最大 3 日間受け入れられる体制とスペースを確保しております。水や食料、防寒グッズ等の備蓄品を備える他、被災状況や公共交通機関に関わる情報提供も行います。